失敗しない、単身赴任時の部屋探しのポイントについて

単身赴任

こんにちは。マセイです。

単身赴任が決まったら、まず始めにすることは赴任先の部屋探しです。

単身であれば、基本はマンションだと思いますが、赴任先の部屋は、毎日の仕事・生活に関わるものであり、ここで失敗すると、毎日の生活で大きなストレスを抱えてしまいます。

そこで、1年間、単身赴任生活を経験した私が、失敗しない部屋探しのポイントについてお話します。

会社によって、予算の上限や決まり事があり、勝手に決められてしまう可能性もありますが、必ず自分の希望を伝え、できれば自分で決めるようにしましょう。

この記事は、「部屋選びに失敗したくない方」や、「快適に単身赴任生活を送りたい方」におすすめです。

単身赴任で失敗しない部屋探しの3つのポイント

1.マンションの性能・安全性
2.マンションの立地条件
3.マンションの設備

単身赴任で失敗しない部屋探しの3つのポイント

これから、部屋探しの3つのポイントをお話ししますが、すべてを満たすことは難しいかもしれないので、なるべく多くの条件を満たすマンションを選択してください。

マンションの性能・安全性

鉄筋コンクリート造のマンションであること

部屋探しで最も重要なのが、建物の構造です。おすすめは、鉄筋コンクリート造のマンションです。

建物の構造の違いは、毎日の生活に影響を及ぼし、場合によっては自分の命にまで関わってきます。

単身赴任者には家族がいるので、自分1人の体ではありません。

建物の安全性を最重視してください。

鉄筋コンクリート造のマンションは、木造、鉄骨造と比較し、耐久性・耐震性・耐火性・遮音性の面で優れています。

①耐久性・耐震性・耐火性

地震や台風などの自然災害は、近年、被害が大きくなっているため、自分の命を守るためにも、マンションの耐久性・耐震性は非常に重要です。

また、火事は、自分が気を付けていても、他人の火の不始末によっても起きるので、被害を受けないためにも、耐火性のある鉄筋コンクリート造の方が安心です。

②遮音性

上の階や隣の住人の生活音が聞こえるような環境だと、日々のストレスは増大します。隣人同士のトラブルは、生活音に関わるものが多いですよね。

私は、1年間の生活の中で、不快に感じるほどの物音は聞いたことがなく、ストレスを感じない生活を送れています。

築10年以内であること

自分の住む部屋は、できれば新しくて、きれいな方がいいです。

最初から、きれいな部屋だと、「汚さないようにしよう」という意識が働き、こまめに掃除をするようになります。

私は、幸い、新築の部屋に住むことができましたが、1年間、きれいな状態を維持することができています。

詳しくはこちら→ 単身赴任 私が1年間綺麗な部屋を維持できた理由

オートロック付きであること

防犯面から考えると、不審者の侵入を防ぐため、オートロックは必須です。

宅急便などの配達業者とセールスを見分けることもできます。制服を着ていない人、荷物を持っていない人の訪問は、基本、無視できます。

10階以上であること

高層階であれば、不審者の侵入を防ぐという点で有効です。

また、大雨が降っても、浸水の心配がありません

他には、10階以上になると、ほぼ虫がこない、というメリットもあります。

私は、11階の部屋に住んでいますが、蚊などの虫がいないため、非常に快適です。

欠点としては、エレベーターが止まると、上り下りがきつい、という点です。

マンションの立地条件

駅から近いこと

例えば、会社から帰ってくるとき、雨が降っていたり、疲れていたり、酔っている状態で、駅からマンションまで、20分以上かかったら、どうですか?

すごく、きついですよね。

毎日の通勤を考えると、駅からマンションまでは、6分以内が理想です。

通勤時間も、できれば会社まで、乗車時間を入れて40分以内、あまり近いと、会社の人たちのたまり場になる恐れがあるので、程よく離れているのがいいです。

生活圏にスーパー、コンビニがあること

歩いていける距離に、スーパーやコンビニがあると便利です。

できれば、通勤途中にあると、会社の帰りに買い物を済ますことができるので、なお便利です。

車や、自転車があれば別ですが、移動手段がない場合には、スーパー、コンビニが近くにあった方がいいです。

ベランダが幹線道路に面していないこと

ベランダの前に、幹線道路が通っていると、バスやトラックの排気ガスで、洗濯物や布団が真っ黒になります。

窓を開けても、空気が悪いので、健康にも良くないですよね。

結構、意識しない条件なので、注意してください。

マンションの設備

インターネットが無料で使用できること

インターネットは単身赴任生活の最大の娯楽です。
You Tubeで動画をみたり、音楽を聴いたりすることは多いと思います。
また、家族との連絡に、LINEのビデオ通話を使う場合にも、インターネット通信料がかかります。
最初から、マンションの部屋にインターネットの設備があり、それが無料だったら、通信費の削減になります。
私は、1ヶ月に1Gを超えて使用すると、料金が上がるプランなので、かなり助かっています。

デザイナーズマンションは避けること

カッコいいイメージがありますが、外見のカッコよさのみを追求したデザイナーズマンションは、実際に使用すると、不便なことが多いです。
例えば、私が現在住んでいるのは、デザイナーズマンションなのですが、洗面台の栓が大きく、丸いため、水が跳ねるので、あまり使えません。
カッコいいんですけどね。
他には、ベランダの壁が土壁になっていて、布団が汚れるので干せないなど、生活には役に立たない迷惑なものがあります。
くれぐれも注意してください。

浴室乾燥機がついていること

天気が悪く、雨が続く時期や、寒くて、洗濯物が外に干しても乾かないときには、浴室乾燥機が役に立つので、標準装備されていると便利です。
ワイシャツ、下着などの必要最小限の洗濯物なら、2時間ほどで、乾燥できます

まとめ

1.マンションの性能・安全性
2.マンションの立地条件
3.マンションの設備
以上が単身赴任で失敗しない部屋探しの3つのポイントです。
なるべく多くの条件を満たす部屋を選べば、快適な単身赴任生活を送れることと思います。
この記事が、読んでくださった方の役に立てたら、うれしいです。
ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪
単身赴任
マセイをフォローする
プロフィール
マセイ

現在、千葉から名古屋に単身赴任中のアラフィフ経理マンです。
1児(工作大好き男子)の父です。
2019年4月より、単身赴任となり、自分の時間ができたため、ブログを開始しました。
単身赴任生活・子供の教育について役立つ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

マセイをフォローする
マセイブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました