疲れているときでも自炊可能 単身赴任者でも超簡単~電気ケトル料理

簡単ケトル飯 単身赴任

こんにちは。名古屋に単身赴任中のマセイです。

仕事から帰ってきて、温かいごはんが待っている、そんなことはありえない、単身赴任生活。

今日はごはん作りたくないなあ、というときでも、電気ケトルを使えば、

基本的に、
食材にお湯をぶっかけるだけ
レトルト食品などを入れてお湯を沸かすだけ

で簡単に料理ができます。

電気ケトル料理は、

料理なんてやったことない」方や、「疲れているのに料理なんてできない方におすすめです。

 

電気ケトル料理のメリットは次の4つです。

1.スイッチを入れるだけでお湯が沸く
2.夏でも暑くない
3.基本、沸かして放置するか、お湯を食材にぶっかけるだけ
4.洗い物が楽

 

電気ケトル料理のメリット

単身赴任生活で最も重宝している調理器具は、実は電気ケトルです。お茶やコーヒーなどの飲み物だけでなく、いろいろと調理が行えます。

但し、故障の原因となるため、電気ケトルの中に直接食材を入れることはしないでくださいね。(レトルト食品などの加熱のみ)

 

スイッチを入れるだけでお湯が沸く

普通にお湯を沸かそうと思うと、

①鍋に水を入れる
②コンロに火をつける
③沸騰したのを確認する
④火を止める

という4つの作業が必要で、その間、目も離せませんが、

電気ケトルなら、スイッチを入れるという、たった1回の作業で完結してしまいます。しかも、放置したままでOKです。

鍋で湯を沸かすという作業も、疲れているときにはちょっとハードルが高いですよね。

 

夏でも暑くない

夏にお湯を沸かして、うどんやラーメンを作ると暑いですよね。鍋から湯気が出て、台所が蒸し風呂状態になります。

よく、嫁に「ご飯なにがいい?」、と聞かれたときに、私は「夏だから冷しゃぶ」とか、「冷やし中華がいいな」などと言っていましたが、「作る方は暑いんだよ!」
と言われていました。

まあ、嫁は暑い台所でごはんを作ってくれていて、私と息子は涼しいリビングで待つだけでしたからね。

でも、電気ケトルなら、スイッチを入れて、あとは放置するだけです。

 

基本、沸かして放置するか、お湯を食材にぶっかけるだけ

レトルト食品などは、水と一緒に沸かして放置、うどん、袋ラーメンなどの食材にはお湯をぶっかけるだけでできるので、非常に簡単です。

 

洗い物が楽

鍋だと食材が張り付いたり、洗うのが面倒ですが、この調理法なら、電気ケトルに水をいれて、すすぎ洗いするだけでいいので楽です。

 

電気ケトルを使ったレシピ

ゆで卵(料理と言えるかは微妙・・・)

材料
・卵 1個

作り方
・電気ケトルに卵を入れて湯を沸かし、30分放置した後、卵を水で冷やしたら、完成です。

納豆・温玉ぶっかけうどん

材料
・うどん 1玉
・納豆 1パック
・卵 1個
・乾燥わかめ 2g
・めんつゆ 大さじ 2杯(お好みで薄めてください)

作り方
・電気ケトルでお湯を沸かし、コップにお湯を注ぎ、生卵を入れ、蓋をして、20分間放置→温玉の完成です。

・ボウルにうどんを入れ、どんぶりにめんつゆと乾燥わかめを入れます。

・電気ケトルでお湯を沸かし、ボウルにはうどんが浸かるまで、どんぶりにはお湯を小さじ1杯入れ、3分間待ちます。

・3分後、うどんのお湯を切って、どんぶりに入れ、上から納豆、温玉をぶっかけて完成です。

※かき混ぜてお召し上がりください。

豆腐・豚しゃぶサラダ

材料
・豚肉(モモ肉スライス) 60~80g
・カット野菜(生でも食べられるキャベツ、レタスなど) 半袋
・豆腐(半丁)
・ポン酢(味ぽん)又はごまドレ
・ゆで卵 1個

※豚肉は300g入りのものを買い、余った肉は3~4回分に分けて、ラップで包んで冷凍します。(保存期間:約2~3週間)

作り方
・電気ケトルに卵を入れて湯を沸かし、30分放置した後、卵を水で冷やします。

・ボウルに豚肉を入れ、どんぶりに豆腐を入れ、カット野菜、ゆで卵を乗せます。

・電気ケトルでお湯を沸かし、ボウルにお湯を入れ、豚肉に熱が通る(全体が白くなる)までしゃぶしゃぶします。

・豚肉に熱が通ったら、よくお湯を切って、どんぶりに乗せ、ポン酢又はごまドレをかけて完成です。

※本当に疲れた時は、豆腐の上に豚しゃぶを乗せるだけでもおいしいです!

豆腐豚しゃぶサラダ

惣菜のせカレー

材料
・レトルトカレー 1袋
・惣菜(コロッケ、トンカツ、メンチカツ、ハムカツ等のカレーに合うもの)

作り方
・電気ケトルにレトルトカレーを入れて湯を沸かし、10分ほど放置します。

・どんぶりにごはんを盛り、惣菜をのせ、レトルトカレーをかけたら完成です。

ゆで卵入りラーメン

材料
・卵 1個
・袋ラーメン 1玉
・付属の粉末スープなど
・乾燥わかめ 2g

作り方
・電気ケトルに卵を入れて湯を沸かし、30分放置した後、卵を水で冷やします。

・ボウルにラーメンを入れ、どんぶりに付属の粉末スープと乾燥わかめを入れます。

・電気ケトルでお湯を沸かし、ボウルにはラーメンが浸かるまで、どんぶりにはお湯を少し入れ、3分間待ちます。(袋麺のゆで時間に合わせる)

・3分後、ラーメンとお湯を少し、どんぶりに入れ、上からゆで卵をのせたら完成です。

ロコモコ風ハンバーグ丼

材料
・卵 1個
・冷凍ハンバーグ(チーズ入りがおすすめ) 1個
・カット野菜(生でも食べられるキャベツ、レタスなど) 半袋
・マヨネーズ、ケチャップ

作り方
・電気ケトルに卵を入れて湯を沸かし、30分放置した後、卵を水で冷やします。

・電気ケトルに冷凍ハンバーグを入れて湯を沸かし、20分ほど放置します。

・どんぶりにごはんを盛り、カット野菜をのせ、その上にハンバーグ、ゆで卵をのせ、マヨネーズとケチャップをかけたら完成です。

まとめ

1.スイッチを入れるだけでお湯が沸く
2.夏でも暑くない
3.基本、沸かして放置するか、お湯を食材にぶっかけるだけ
4.洗い物が楽

以上が、電気ケトル料理の4つのメリットです。

いかがでしたでしょうか。

電気ケトルを使った料理は、簡単で、手間も少なく、「包丁を使うのが面倒くさい」、「フライパンを使うのが面倒くさい」というときでも、自炊のハードルが低いので、継続することができます。

電気ケトルを使った簡単レシピ、ぜひ作ってみてください。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪
単身赴任
マセイをフォローする
プロフィール
マセイ

現在、千葉から名古屋に単身赴任中のアラフィフ経理マンです。
1児(工作大好き男子)の父です。
2019年4月より、単身赴任となり、自分の時間ができたため、ブログを開始しました。
単身赴任生活・子供の教育について役立つ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

マセイをフォローする
マセイブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました