健康を維持するための5つの秘訣~単身赴任は体調管理が大切

単身赴任

こんにちは。マセイです。

単身赴任生活で、1番大切なことは、健康を維持することです。

赴任前は、嫁が料理、掃除、洗濯などの家事をしてくれていましたが、単身赴任生活では、すべて、一人でやらなければなりません。

もちろん、仕事も今までどおり、頑張らなければなりません。

支えとなる家族がいない中で、もし体を壊してしまったら、仕事も家事も、何もできなくなってしまいます。

そこで、1年間の単身赴任生活で、1度も体調を崩すことがなかった私が、健康を維持するための秘訣について、お話します。

「これから、単身赴任生活を始める」方や、「単身赴任生活で健康を維持する方法を知りたい」方におすすめです。

単身赴任生活で健康を維持するための5つの秘訣

1.栄養バランスを考える
2.精神を安定させる
3.体力の維持・向上を図る
4.環境を整える
5.規則正しい生活を送る

栄養バランスを考える

まず、健康維持のためには、毎日の食事が大切です。

5大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンをまんべんなく摂取するため、毎日、なるべく多くの種類の食材を摂ることを心掛けました。

以下は、毎日、食べている食事の例です。

食材
フルーツグラノーラ、ヨーグルト、牛乳
米、納豆
麦茶、野菜100%ジュース
サラダ
おやつ ミックスナッツ、ヨーグルト、牛乳
小麦胚芽のクラッカー
豆腐、卵
玉ねぎ、キャベツ
豚肉(鶏肉)
米(パスタ)
麦茶、野菜100%ジュース、コーヒー
※外食するとき 魚、サラダ、海藻など、なるべく普段食べられないもの

これに加え、炭水化物の量を控え、甘いお菓子を我慢しました。

この食生活を、1年間、続けた結果、1年後の人間ドックでは、

なんと、前年に比べ、中性脂肪が195mg/dl→105mg/dlとなり、C判定→A判定となりました!

毎年、診断結果は、C判定だったのに、1年でこれほど改善できるとは、思いませんでした。

赴任前は、好きなものを好きなだけ、食べていましたが、心掛け次第で改善できることが
わかりました。

精神を安定させる

単身赴任生活は孤独です。

愛する家族と離れ、たまにしか会えないわけですから、どうしても、精神的につらくなるときがあります。

それを乗り越えるために、次の点に気をつけています。

電話をしすぎない

私は、家族にビデオ通話をしますが、週2回以上はしないようにしています。

理由は、会いたい気持ちが強くなり、余計に寂しくなるからです。

ビデオ通話でも、顔は見えますが、実際に触れ合うことはできません。

嫁や子供と触れ合いたいのに、それができないと、大きなストレスになってしまうのです。

そのかわり、誕生日などのイベントを大切にして、帰省したときには、精いっぱいのコミュニケーションをとるようにしましょう。

夢中になれる趣味を持つ

何かに夢中になれば、一人の時間を楽しむことができます。

好きなスポーツをしたり、料理を作ったり、音楽を聴いたり、映画を見たり、楽しくて、時間が早く過ぎるような趣味を持つといいです。

できれば、同じ趣味を持つ仲間をSNSで見つけて、交流すれば、もっと楽しくなります。

コロナ禍で、人になかなか会えない中、家の中でも交流できるSNSは、とても魅力的です。

私は、2020年4月から、ブログを始め、5月からSNSで交流を始めましたが、同じ環境にいる仲間と励ましあえたおかげで、コロナ禍で帰省できなかった、2ヶ月間を乗り越えることができました。

もし、何もしていなければ、間違いなく、精神的に弱っていたと思います。

たまったストレスを解消する

クラシックやジャズなどの音楽を聴くと、心がリラックスします。

You Tubeなら、無料で聞けますね。

仲がよければ、たまには、会社の同僚と飲みに行くのも、ストレスを解消できます。

あまり行き過ぎるのは、逆にストレスがたまるので、要注意です。

体力の維持・向上を図る

なるべく歩く

天気のいいときは、景色を見ながら遠回りをする、駅1つ分余計に歩くといいです。

ストレス解消にもなります。

万歩計で歩数を計測しながら、歩くと、さらにやる気がでます。

家で筋トレをする

ジムに通うのは、ハードルが高いし、お金もかかる、という場合は、家で筋トレをします。

腕立て、腹筋、背筋、スクワットくらいなら、マンションの一室でもできます。

私は、4ヶ月前から、家で筋トレを始めました。

最初は、腕立てとか3回くらいしかできませんでしたが、今では、各種30回ずつできるようになりました。

環境を整える

掃除をする

単身赴任だと、一人暮らしのため、油断すると部屋が汚くなりがちですが、部屋が汚いと、ほこりがたまったり、雑菌が繁殖したりして、健康に害を及ぼします。

私は、なんとか、1年間、きれいな部屋を維持することができました。

詳しくはこちら→単身赴任 私が1年間綺麗な部屋を維持できた理由

温度管理を行う

冷暖房は必ず使うようにします。

30度以上の暑い部屋→熱中症の危険
15度以下の寒い部屋→体調を崩します

単身赴任は部屋に一人きりのため、倒れても、誰も気づいてくれません

電気代は月に2,000円ほど多くかかりますが、命には代えられません。

規則正しい生活を送る

できれば、毎日、同じ時間に起きて、同じ時間に寝るようにしましょう。

規則正しい生活を送れば、目覚まし時計がなくても、自然に目が覚めるようになります。

早寝早起きが習慣になれば、体調もよくなり、仕事にもいい影響を与えるようになります。

どうしても無理な場合は、会社に相談してみる

単身赴任生活を始めたものの、どうしても寂しくてつらい、体調が悪く、耐えられないといった場合には、遠慮せず、異動を願い出るべきです。

「出世に悪影響ではないか」などと考えてはいけません。

一番大事なのは、自分の健康です。

家族を抱える単身赴任者は、自分一人の体ではないのです。体を壊してしまっては、何も意味がありません。

まとめ

1.栄養バランスを考える
2.精神を安定させる
3.体力の維持・向上を図る
4.環境を整える
5.規則正しい生活を送る

以上が、単身赴任生活で健康を維持するための5つの秘訣です。

いかがでしたでしょうか。

健康を維持するために、できる限りの努力をする必要がありますが、自分の体と相談し、無理のない範囲で毎日の生活を送ってください。

この記事が、読んでくれた方の役に立てたら、幸いです。

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪
単身赴任
マセイをフォローする
プロフィール
マセイ

現在、千葉から名古屋に単身赴任中のアラフィフ経理マンです。
1児(工作大好き男子)の父です。
2019年4月より、単身赴任となり、自分の時間ができたため、ブログを開始しました。
単身赴任生活・子供の教育について役立つ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

マセイをフォローする
マセイブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました