マイクロビットで簡単プログラミング

マイクロビット簡単 子供の教育

こんにちは。マセイです。

2020年4月から、小学校ではプログラミングが必修化されたことにより、子供に対するプログラミング教育の重要性が高まっています。

そこで、小さいうちからプログラミングに触れておきたいところですが、最初に学ぶ教材としておすすめなのが、「マイクロビット」です。

「マイクロビット」は、イギリスで開発された、LED・各種センサー・無線など、たくさんの機能が詰め込まれた、小さなコンピューターで、簡単にプログラミングを学ぶことができます。

マイクロビットで簡単プログラミング

マイクロビット簡単

マイクロビットの特徴

簡単にプログラミングができる

ソフトウェアをインストールする必要がなく、専用サイトを使ってプラグラムを作成することができます。

しかも、コード入力をしなくても、ブロックを組み立てるだけなので、低学年の子供でも、簡単なものなら一人で作れるようになります。(JavaScriptというプログラミング言語でコード入力することもできます)

たくさんの機能がついている

LEDと明るさセンサー
表側に赤く光るLEDが25個ついていて、明るさを測るセンサーにもなっています。ここを手で隠したり、ライトを当てたりして、明るさの変化を計測できます。

温度センサー
温度測定機能がついていて、周囲の温度変化を感知できます。

地磁気センサー
方角や磁力の変化を計測します。

加速度センサー
傾きや速度の変化を計測します。

他にも、無線通信機能や、音が出せる機能があります。とってもワクワクしますよね!

価格がリーズナブル

こんなにたくさんの機能がついているのに、本体価格は1個2,000~3,000円くらいで購入することができるので、コスパ抜群です。

マイクロビットを無料で体験しよう

本体がなくても、シュミレーターで無料で体験することができます。

それでは、実際にやってみましょう!

専用サイトを開く

まず、専用サイトを開きます(https://makecode.microbit.org/

開いたら、

①新しいプロジェクトをクリックし、

②プロジェクトに「テスト」等の名前を付けて、

③作成をクリックすると、ブロックエディターが開きます。

ブロックエディター①

ブロックを組み立てる

ブロックエディターを開いたら、ブロックを組み立ててみましょう!

①「入力」をクリックし、

②「ボタンAが押されたとき」のブロックを選択し、

③作業する場所にドラッグ&ドロップで移動させます。

ブロックエディター(入力)

 

同じように、

④「基本」をクリックし、

⑤「LED画面に表示」のブロックを選択し、作業する場所にドラッグ&ドロップで移動させます。

ブロックエディター(基本)

 

⑥「LED画面に表示」のブロックの5×5のマス目をクリックし、下の図のような顔文字を作ります。(ブロックは、灰色になりますが、気にしないでください)

⑦「LED画面に表示」のブロックを、「ボタンAが押されたとき」のブロックにはめ込みます。

すると、「ボタンAが押されたとき、LED画面に顔文字が表示される」というプログラムができあがります。

ブロックエディター(はめ込み)

 

プログラムを実行する

それでは、作ったプログラムを実行してみましょう。

ブロックエディター画面の左にある、マイクロビットのAボタンをクリックすると、LED画面に顔文字が赤く表示されました。拍手(パチパチパチ)

ブロックエディター(Aボタン)

 

音の出るプログラムも作ってみよう

他にも、例えば音の出るプログラムも作れます!

まず、

①「ボタンAが押されたとき」のブロックから、「LED画面に表示」のブロックを外します。

②音楽をクリックし、「メロディをテンポ120で演奏する」のブロックを選択し、作業場所にドラッグ&ドロップします。

③メロディの横の♪のついた長丸をクリックすると、エディター画面が出るので、

④音を選んでクリックします。(下から上の順にドレミファソラシド、左から右の順に音が出ます)

⑤作成が終わったら、完了を押します。

⑥「メロディをテンポ120で演奏する」のブロックを「ボタンAが押されたとき」のブロックにはめ込みます。

ブロックエディター(音)

これで完成です。

早速、Aボタンを押して鳴らしてみましょう。

ポチ、「ドレミファソラシド~♪」

鳴りましたね。拍手(パチパチパチパチパチパチ)

ブロックエディター(メロディ)

他にも、いろいろ作れますので、ぜひやってみてください。

マイクロビットで遊ぼう

マイクロビットを実際に操作するためには、次のものを準備する必要があります。

準備するもの

マイクロビット本体

マイクロビット

1個2,000円~3,000円で購入できますが、本体だけでは動かないので以下の付属品が必要です。

USBケーブル

ブロックエディターで作成したプログラムを、マイクロビットにダウンロードするときに必要になります。コネクター形状は、AーmicroBです。

電池ボックス

マイクロビット本体に電源を供給するためのものです。

スピーカー

音を出すプログラムを実行するために必要です。

100均に売っているものでも大丈夫です。

また、ラジカセやイヤホンで代用することもできます。

ワニ口クリップ

マイクロビット本体とスピーカーを接続するために必要です。

その他の通電部品との接続にも使用します。

マイクロビットと付属品のセット

「何を揃えたらいいのかわからない」、「個別に購入するのが面倒」という方には、マイクロビットと付属品のセットがあります。

 

【OSOYOO BBC micro:bit(マイクロビット) 初心者向け プログラム・STEM学習 基本キット】

このキットには、①マイクロビット本体、②USBケーブル、③電池ボックス、④ワニ口クリップがついているので、あとは100均でスピーカーを購入すれば、必要なものは揃います。


OSOYOO BBC micro:bit(マイクロビット) 初心者向け プログラム・STEM学習 基本キット

 

また、「もっと本格的にやりたい」という方であれば、

【マイクロビット micro:bit アドバンスセット】

このセットには、①マイクロビット本体、②本体ケース、③USBケーブル、④電池ボックス、⑤スピーカー、⑥ワニ口クリップ、⑦超音波センサー、⑧拡張ボード、⑨33ページの学習教材が入っているので、すぐに始められます。

超音波センサーは、対象物との距離が測れるので面白いですよ!


マイクロビット micro:bit アドバンスセット 知育 STEM プログラミング ガイドブック付 【日本正規代理店品】 MB-B001

実際に遊んでみた感想

当時、小学校1年生(7歳)だった息子に、マイクロビットと作品例の載った本micro:bitであそぼう! たのしい電子工作&プログラミング)をプレゼントしたところ、工作好きの息子は、いろいろな作品を作りました。

この本には、簡単なものから難しいものまで、32の作品例が載っていて、小学校低学年の子供でも作ることができます。


micro:bitであそぼう! たのしい電子工作&プログラミング

画面上でプログラムを作ることはもちろん、配線などの電気の流れやセンサーの仕組みについても覚えることができました。

作ったもの(簡単にできる)

とりあえず、簡単なものをつくってみました。

①サイコロ

マイクロビットを揺さぶると、加速度センサーが反応し、ランダムに1~6までの数字が画面に表示されます。

②オルゴール

マイクロビット オルゴール

※上の画像は息子の作品ではありません

ふたの傾斜角度が20度以上になったら、加速度センサーが感知し、ハートマークを表示して、ハッピバースデーの曲を流します。

お母さんの誕生日プレゼントに、いいですよね。

③イライラ棒ゲーム

マイクロビット イライラ棒

※上の画像は息子の作品ではありません

昔、テレビで流行ったイライラ棒ゲームを、マイクロビットで再現したものです。

「輪っか」のついた金属製の板を持って、針金に触れないように通しながら、ゴールを目指すゲームです。

針金に触れると失敗の音楽が、ゴールに無事にたどり着くと、おめでとうの音楽が流れます。

針金の曲がり具合を調整することで、難易度を変えることができます。

④ピンポンダッシュやり放題マシン(息子のオリジナル作品)

マイクロビット ピンポンダッシュやり放題

マイクロビットを覚えた息子(小2・7歳)が、オリジナル作品を作りました。

電器屋さんで、お小遣いで安いチャイムを購入し、ラジカセにつないで、スイッチを押すと、画面が表示され、チャイムが鳴るようにプログラミングしたものです。

これなら、いくら押しても怒られる心配はないので、安心ですよね(笑)

 

まとめ

マイクロビットの特徴
1.簡単にプログラミングができる
2.たくさんの機能がついている
3.価格がリーズナブル

マイクロビットは、①ブロックエディターで簡単にプログラミングができ、②いろんなセンサーなど、たくさんの機能がついていて、③価格もリーズナブルなプログラミング教材です。

大人も子供も一緒になって楽しめますし、夏休みの自由研究としても使えますので、ぜひ遊んでみてください。


OSOYOO BBC micro:bit(マイクロビット) 初心者向け プログラム・STEM学習 基本キット


マイクロビット micro:bit アドバンスセット 知育 STEM プログラミング ガイドブック付 【日本正規代理店品】 MB-B001


micro:bitであそぼう! たのしい電子工作&プログラミング

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 単身赴任へ
にほんブログ村


子供の教育
マセイをフォローする
プロフィール
マセイ

現在、千葉から名古屋に単身赴任中のアラフィフ経理マンです。
1児(工作大好き男子)の父です。
2019年4月より、単身赴任となり、自分の時間ができたため、ブログを開始しました。
単身赴任生活・子供の教育について役立つ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

マセイをフォローする
マセイブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました