単身赴任

単身赴任

無駄遣いを防ぐ生活費の管理方法について~単身赴任は二重生活

単身赴任で無駄遣いを防ぐ生活費の管理方法は、1.生活費は、単身赴任専用の口座を開設し、そこへ振り込む、2.日常の生活費の支払はデビットカードで行う、3.可能なものは口座引き落としにする、です。単身赴任専用の口座に入金した、必要最低限の生活費をデビットカードを使って、口座から支払うのがベストです。
単身赴任

単身赴任で必要な1ヶ月の生活費は?

単身赴任で実際に1年間生活して、かかった生活費の内訳です。家賃 12,000 円、光熱費 10,000 円、食費 20,000 円、通信費 5,000 円、雑費 24,000 円の合計 71,000 円です。家賃は会社負担があるので、自己負担分です。詳細をご覧ください!
単身赴任

私が1年間の単身赴任生活で綺麗な部屋を維持できた理由

単身赴任でやらなければならない家事のなかでも、優先度の低い掃除についてです。1.物を増やさない、2.極力汚さない、汚しても早めに対処する、3.使うもの。使う場所を減らす。この3点を意識し、1年後も綺麗な状態を維持できました。
単身赴任

単身赴任生活に本当に必要だった家電製品は?

単身赴任に必要な、実際に購入し使っている家電についてまとめました。二重生活でお金がかかるし、任期が終わったときに処分に困るので、必要最小限の購入にとどめました。布団の中でも操作ができるよう、リモコン式のものを多く揃えることが理想的です。
単身赴任

失敗しない、単身赴任時の部屋探しのポイントについて

単身赴任時に失敗しない部屋探しのポイントについて、1.マンションの性能・安全性、2.マンションの立地条件、3.マンションの設備の3点でまとめました。この条件にあてはまる部屋を選ぶことで、快適な単身赴任生活を送ることができます。
単身赴任

疲れているときでも自炊可能 単身赴任者でも超簡単~電気ケトル料理

単身赴任向けの電気ケトルを使った簡単レシピです。基本的に①食材にお湯をぶっかけるだけ、②レトルト食品などを入れてお湯を沸かすだけなので、洗い物、調理の手間がほとんどありません。自炊を継続したい方はぜひ参考にしてみてください。
単身赴任

私が単身赴任を決断した5つの理由

単身赴任か家族帯同かで迷っていませんか?本記事では、私が単身赴任を決断した5つの理由(1.息子が育つ環境を重視、2.妻の地域コミュニティを重視、3.持ち家(マンション)である、4.実家の両親が心配、5.赴任期間が短い)についてお話します。参考になれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました